低用量ピル 通販 トリキュラー

結婚前提のお付き合いで排卵のタイミングを合わせて不安なく妊娠結婚できる

 

パートナーができたら、必ず避妊についてよく話し合いをするべきです。

子どもを産んで育てる環境が整っているのであれば問題ありません。

 

  • 経済面
  • 人的労力量
  • 子供の都合に合わせた生活になる事など

特に育児については、1人では物理的にできない場面、危険が伴う場面なども多くあります。

  • ちょっとトイレに言っていた間に・・・
  • ちょっとウトウトして寝てしまった間に・・
  • 気を付けてはいたけどいつの間にか・・・

こういった事は、夫婦や家族間、最近では核家族が普通な場合も少なくありませんが、それでも、親族間での協力などがあると、それだけで、様々な負担を分散する事で育児をより良い物にするという事もあります。

 

また、お互いに「今すく子どもが欲しい」と考えているのならあえて、避妊をする必要はありません。

そして、子どもはまだ欲しくなかったり、今は妊娠したら困るという状況なら、どんな避妊法を用いるべきかについて考えが浸透していないためか、計画的に妊娠や出産をするということに抵抗を感じる人もいるようです。

 

子供は自然にできるもの、授かりものという漠然とした意識も計画的な妊娠や出産をする事を妨げている場合もあるようです。

しかし、「できてから考える」「産んだら何とかなる」というのではいざとなったときに、こんなはずじゃなかったという事も十分起こりえる事です。

 

さらには、たとえ結婚していたとしても、無制限に妊娠・出産を繰り返すことは、肉体的にも経済的にも無理があります。

妊活を行うのは、責任ある大人として必要な事です。

 

てもきちんと話し合うべきです。避妊について話し合えない相手とは、セックスをするべきではありません。

コンドームが安心できる避妊法ではないことも肝に銘じておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました