低用量ピル 通販 トリキュラー

就職活動で移動するときも、生理が来る不安が無くなり見事内定をもらえた

 

ピルを飲むことの大きなメリットのひとつに、生理のスケジュールを上手にずらしたり、生理をとば
したりできるということがあります。

受験や資格試験、就職の筆記試験や面接、婚活パーティ、結婚式、ハネムーンなど、人生にはさまざまな重大イベントがあります。

ここぞといった大切なシーンには、心身ともに最高の状態で臨みたいもの。

生理やPMSが原因で体調や精神状態がよくなかったり、そのせいで持てる力を十分に発揮できなかっ
たりすると、後々、悔やんでも悔やみきれません。

 

PMSとは?

生理前に起こる心やからだの不調を指します。

婦人科では、月経前に起こり月経時に消えていく不快な症状がくり返し3ヵ月以上続き、しかも日常生活にさしつかえるほど症状がひどい場合に月経前症候群(PMS)と診断されます。

PMSは20~30代女性に多く見られ、生理周期も卵巣機能も正常な人に起こります。

引用元:https://www.healthcare.omron.co.jp/bijin/qa/menstruation_Q08.html

 

大事なイベントの日程があらかじめ決まっている場合は、ビルを活用して生理を調整することで、その日をPMSから解放されます。

温泉旅行や海外旅行などの移動などを伴うイベントや、身体を動かすスポーツなどを楽しむ場合もPMSがあるだけで、楽しみが半減してしまいます。

そうならない為にもピルによる生理のタイミングを調整する事が大事です。

 

大事なイベントなどに生理が重なりそうな場合は、休薬期間を設けずに、生理がきてもいい日まで大集を飲み続けます。最大3シート(2日×3シート8日)分まで続けて飲むことができます。

 

なお、休薬期間が8日以上になると卵巣が働き始めてしまうので、避妊効果が落ちてしまいます。

その点については注意されてください。

(休薬期間を7日以内に短くする分には問題はありません。)

 

数シートにわたって休薬期間を短くすることで、生理を早めることもできます。

いずれにしても、生理の予定日をずらす場合は、医師に相談することが望ましいです。

タイトルとURLをコピーしました