低用量ピル 通販 トリキュラー

更年期障害の予防にもピルが効果的なんです!

減っている女性ホルモンを補い、骨粗しょう症などの予防にもなる

女性の一生は、女性ホルモンに大きく影響されています。

 

男性ホルモンは一生を通じてゆるやかに変化していくのでそこまで明確に変化を感じる事はありません。

ですが、女性の場合は、女性ホルモンは月ごとや年代による変動が大きい為、実感しやすく感情の起伏なども大きくなるのが特徴です。

閉経前後の「更年期」(おおよそ45~55歳ごろ)には、女性ホルモンの分泌量が急激に減少します。

そのため、

  • のぼせ
  • 肩こり
  • 冷え
  • 疲れやすい
  • 腰痛
  • イライラ
  • 集中できない
  • 頭痛
  • 不眠
  • 動悸
  • 息切れなど

体や心にさまざまな症状が現れます。

また、症状も複数重なって起こる為、自身の思考の範囲で抑え込む事ができず、周りに当たり散らしてしまうという事もあります。

いわゆる更年期障害と呼ばれます。

 

また、女性ホルモンの分泌が減ることで、骨粗しょう症や高脂血症などの健康問題も起こりやすくなります。

女性ホルモンが働く事によって、カルシウムの吸収を促進していたり、様々な代謝の基本的な所を女性ホルモンが制御しているため、肝心の女性ホルモンの分泌が少なくなる事で、当然のように不快な症状が出てしまうのです。

ピルを飲めば、更年期を迎えて減少していく女性ホルモンを補うことになります。つまり、ビルを飲み続けている間は、更年期障害になることはありません。

骨粗しょう症や高脂血症などの予防にも効楽的です。

 

日本のガイドラインでは、副作用のリスクの見地から「40歳以上の場合は慎重投与」となっているのですが、国際的には、40歳以上でも健康で多バコを吸っていない女性は問題ないとされています。

とは言え、50歳を過ぎると副作用のデメリットが大きくなるので、更年期症状が気になる人は、さら
に低用量のホルモン補充療法(HRT)やプラセンタ注射、漢方薬に切り替える方が良いでしょう。

いずれにしても、不安を解消したり適切な対処をするために医師に相談したうえで行動するようにしましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました