低用量ピル 通販 トリキュラー

ピルで生理不順や重い生理痛が改善!だから服用する人が増えてます

 

生理のわずらわしさって当人にしか分からない辛さがありますよね?

 

ホルモンバランスを整え、子宮内膜が厚くなるのを防ぐビル

高い避妊効果が期待できるビルには、避妊以外にもさまざまなメリットがあり、これらはピルの「副効用」といわれています。

その代表的なものとしてまず挙げたいのは、「生理不順や生理痛の改善」など、生理にまつわる効果
です。

生理のケアには、男性には分からない大きな負担がついてまわります。

 

まず、毎月いつ始まるか分からない生理にストレスを感じます。

 

さらには、ナプキンやタンポン、鎮痛剤などを購入する費用の負担。

また、購入するだけではなく、携帯しておく手間。

そして、生理量が多い場合はモレやズレなどを気にして制限した行動になる。

その上で、生理痛やナプキンかぶれなどにも悩まされる。

 

 

こんな、何層にも重なるストレスから解放されたいと思う女性は少なくありません。

 

 

ピルを飲むことで

生理が予定どおりに始まる事で管理がしやすくなります。

また、生理量が減る事で、付随する痛み・不調・夏場のムレなど同時に軽減、もしくは無くなります。

そうなれば、女性はもっと自由に、快適に過ごすことができるのです。

 

 

生理周期というのは、、生理開始日から次の生理が始まるまでの期間をいいます。

おおよそ5日前後を目安に、7~8日が正常範囲です。

1日以内の場合を「頻発月経」、日以上の場合を「稀発月経」といいます。

 

この生理周期には個人差がありますが、月によってバラバラだったり、きたりこなかったりすることを「生理不順」といいます。

年齢や環境個人差などで、その度合いはまさに人それぞれです。

 

そして生理周期をコントロールしている女性ホルモンがあるのですが、卵胞ホルモンのエストロゲンと黄体ホルモンのプロゲステロン。

 

この二つのホルモンバランスが乱れると、生理不順になりやすいのです。

 

また、生理のときは、はがれた子宮内膜を押し出そうと子宮が収縮するのですが、この子宮の収縮が
強すぎると生理痛の原因になります。

 

毎回、ギューッとお腹を絞られているような、寝込んでしまうくらいの痛みが激しく、日常生活に支障をきたす場合は「月経困難症」(PMS)とされ、治療の対象になります。

 

一般に、生理量が多い体質の人は、子宮の収縮も激しい場合が多いです。

月経困難症(PMS)の主な症状は、下腹部痛や腰痛、頭痛、背中の痛み、吐き気など。

月経困難症(PMS)ピルを服用すると、実薬を3日間飲んだあと、休中(またはプラセボ服用中)の3~4日後に必ず生理が始まるため、生理周期は規則正しくなって安定します。

 

ピルを服用すると、ビルのプロゲストーゲンの働きによって、子戸内膜が厚くなりません。

すると、子宮の壁からはがれ落ちる経血の量も減り、生理痛が緩和されるたり、月経困難に悩む人にも効果的という事になります。

タイトルとURLをコピーしました